m's 旅行記

9月〜毎週月曜日、水曜日、木曜日、土曜日に更新! 鉄道、バス、飛行機レビューやホテルレビューなどを投稿していきます。

18切符で乗れる⁉︎ 特急いさぶろう号 乗車記

f:id:makoto1002:20191005082719j:image

皆さんこんにちは!!

今回はJR九州の観光特急いさぶろう号に乗車しましたので紹介します。いさぶろう号は熊本駅→人吉駅まで運転されている列車です。人吉駅からは普通列車となり、最終的には吉松駅まで運転されています。普通列車として運転される区間では18切符などでも乗車可能です!

逆に吉松駅→人吉駅→熊本駅まで運転されるときは特急しんぺい号として運転されます。

今回は特急券が必要な熊本駅→人吉駅まで乗車しました。同区間では特急カワセミヤマセミ号やSL人吉号も運転されています。

f:id:makoto1002:20191005084917j:image

熊本駅にやって来ました。駅舎はかなり立派です。
f:id:makoto1002:20191005084858j:image

こちらが路線図です。人吉駅は薩摩線の駅で熊本駅からは特急列車で1.5時間ほど掛かります。

熊本駅周辺では交通系icカードが使えますが人吉駅まではicカードは使えないのでご注意を。
f:id:makoto1002:20191005084914j:image

それでは改札に入りましょう!!
f:id:makoto1002:20191005084901j:image

5番線が人吉方面への特急列車のホームとなっています。以前紹介した特急A列車で行こう!などと同じホームからの出発です。
f:id:makoto1002:20191005084904j:image

5.6番線にやってきました。
f:id:makoto1002:20191005084907j:image

専用の乗車口もあります。

いさぶろう、しんぺい号は1日に3往復運転されています。
f:id:makoto1002:20191005084921j:image

2両での運転で一部座席が自由席となっています。なお熊本駅⇄人吉駅間では特急券が必要ですのでご注意を。使用車両はキハ47形ですのでかなり古い車両です。

f:id:makoto1002:20191005085102j:image

車内はこんな感じとなっています。

ボックスシートが並んでいます。特急列車の座席にしてはショボいです。
f:id:makoto1002:20191005085114j:image

2人席も用意されています。
f:id:makoto1002:20191005085050j:image

ボックス席はもちろんリクライニングなどはしません。固定されたテーブルが設置されています。コンセントなどももちろんありません。
f:id:makoto1002:20191005085105j:image

ロングシートのような座席もあり、この座席は自由席となっています。自由席特急券で利用可能です。
f:id:makoto1002:20191005085123j:image

薩摩線ではトンネル工事などが大変でその当時に活躍した人のことも記載されています。

いさぶろう、しんぺい号という名前も当時活躍した人の名前から取られています。
f:id:makoto1002:20191005085057j:image

前面モニターも設置されています。
f:id:makoto1002:20191005085054j:image

車内中央にはこのように記念乗車票、スタンプが用意されています。
f:id:makoto1002:20191005085040j:image

記念スタンプなどは旅の思い出に良いですよね!
f:id:makoto1002:20191005085043j:image

車内ではアテンダントさんが乗務されており簡単なものなら購入可能です。品数は少ないので乗車前に購入しておいた方が良いと思います。
f:id:makoto1002:20191005085117j:image

JR九州では色々な観光列車が走っていますがその列車の車内などをイメージしたメモ帳も販売されていました。
f:id:makoto1002:20191005085109j:image

実は特急いさぶろう、しんぺい号の1番の見所は人吉駅⇄吉松駅間なのです。。この区間は日本三大車窓の1つにも登録されており乗りたかったのですが今回は人吉駅までしか乗れませんでした。。特急カワセミヤマセミ号は熊本駅⇄人吉駅間での運転なので三大車窓を楽しむには特急いさぶろう、しんぺい号に乗るしかありません。
f:id:makoto1002:20191005085046j:image

車内にはしっかりとトイレも設置されています。
f:id:makoto1002:20191005085121j:image

中もかなり綺麗で清潔感もあります。

f:id:makoto1002:20191005085226j:image

車内の雰囲気もシックでかなり良いです。

外国の方も多く乗車されていました。
f:id:makoto1002:20191005085229j:image

熊本駅を出発して鹿児島本線を八代方面へ進んでいきます。
f:id:makoto1002:20191005085232j:image

しばらくすると景色はすぐにこんな感じになります。日本の原風景って感じがして良いですよね。

f:id:makoto1002:20191005090442j:image

新八代駅に止まり八代駅に到着です。ここからはいよいよ山間部へ突入していきます。

f:id:makoto1002:20191005091824j:image

だんだんと人里離れた山の方へ向かっていきます。
f:id:makoto1002:20191005091821j:image

基本的に球磨川の沿線に沿って走っていきます。この川は三大急流のうちの1つに登録されており、ラフティングなどで人気の川です。
f:id:makoto1002:20191005091818j:image

四国の大歩危などの景色に似ていてとてもゆったりとした景色が続きます。

f:id:makoto1002:20191005093223j:image

上流に向かうにつれて川幅も大きくなってきて水の深さもどんどんと深くなってきてるのが伝わります。

f:id:makoto1002:20191005095750j:image

一勝地駅に到着しました。

この駅はとても縁起のいい駅として知られており記念入場券なども販売されているそうです。

熊本行きの特急カワセミヤマセミ号と行き違いをしました。
f:id:makoto1002:20191005095747j:image

あちらの列車には復路で乗車するのでまた今後紹介しますね〜!

f:id:makoto1002:20191005100719j:image

熊本駅から1.5時間で人吉駅に到着しました。

キハ47形なのにも関わらず、特急らしいスピードで走ってくれて乗ってて飽きませんでした。
f:id:makoto1002:20191005100636j:image

ここから先、吉松方面への列車本数は激減して一日3本程度しか列車がありません。なのでここまで特急として走ってきた特急いさぶろう、しんぺい号はここから先は普通列車に変わります。ここから先は乗車券のみで乗車可能です!

また機会があれば乗ってみようと思います。。

てことで今回は特急いさぶろう号の紹介でした!!

YouTubeでも活動しておりブログとは違った視点からレビューしてます。

現地での観光記、施設紹介などはYouTubeで行なっています。

宜しければそちらもご覧ください!!

https://www.youtube.com/channel/UCiswegVRhZzcE0WwwpcnSnQ

ツイッターも更新していくので是非!!

http://twitter.com/mkt89307979

最後までご覧くださいましてありがとうございます!!それでは!!!!