m's 旅行記

9月〜毎週月曜日、水曜日、木曜日、土曜日に更新! 鉄道、バス、飛行機レビューやホテルレビューなどを投稿していきます。

本当に最高?N700系 みずほ号 グリーン車 乗車記

f:id:makoto1002:20190812124531j:image

皆さんこんにちは!!

今回は山陽九州新幹線で使われているN700系8両編成のグリーン車に乗車しましたので紹介します。みずほ号、さくら号で使用されていてグリーン車の集大成と呼ばれている車両ですけど皆さんは好きでしょうか?

今回は東海道・山陽新幹線の16両編成のN700系グリーン車と軽く比較しつつ紹介しようと思います。今回は熊本駅→博多駅までみずほ号に乗車しました。

f:id:makoto1002:20190812121944j:image

熊本駅にやって来ました。この駅の外観は日本の駅っぽくはないですよね〜

黒を基調としておりかなりスタイリッシュなデザインとなっています。基本的にJR九州は欧風的なデザインの駅舎、車両が多いような気がします。
f:id:makoto1002:20190812121922j:image

もちろん自動改札機も導入されています。

それでは早速ですが改札内に入っていきます。
f:id:makoto1002:20190812122010j:image

今回は熊本駅を12時8分発のみずほ616号の新大阪行き乗車します。博多駅までですけどね!!
f:id:makoto1002:20190812121611j:image

熊本らしくゆるキャラのくまモンが居ました。

首だけ!笑 結構残酷ですよね〜
f:id:makoto1002:20190812121952j:image

ホームに上がってきました。

熊本駅は2面4線となっていて鈍行タイプと接続を行える構造です。熊本発着の列車もありますからね!!
f:id:makoto1002:20190812121926j:image

今回はみずほ616号です。

みずほ号の種別カラーはオレンジ色ですね。

みずほ号は山陽九州新幹線で一番本数が少ない種別なので意外と見れるとラッキーかも?
f:id:makoto1002:20190812122016j:image

N700系8両編成のグリーン車は6号車の半室です。6号車のもう片方の半室は普通車指定席です。

f:id:makoto1002:20190812122602j:image

今回はJR九州編成でした。N700系8両編成にはJR西日本編成と九州編成がありますが違いは車内チャイムぐらいで車内の設備や外観は全く同じです。
f:id:makoto1002:20190812121915j:image

此方がグリーン車の客室です。

2-2の座席配置となっていて新幹線では標準的なタイプのグリーン車です。半室ですのでプレミアム感もありますよね〜
f:id:makoto1002:20190812121616j:image

グリーン車の乗客にはブランケットの貸し出しが行われています。数には限りがあるのでご注意を。もちろん持ち帰りなどは不可です。
f:id:makoto1002:20190812121636j:image

今回は一番後ろの席を予約しました。

かなり立派な座席でグリーン車の座席感が強いですよね〜
f:id:makoto1002:20190812121630j:image

枕は可動式で上下に動かすことが可能です。

16両編成のN700系のグリーン車には枕が付いていませんのでこの点ではこちらの方に軍配が上がりますね!!
f:id:makoto1002:20190812122001j:image

テーブルの背面にはこのように車内の案内が記載されています。すぐ隣は普通車ですのでグリーン車の客室内を通り抜けられる方が結構多いですね。
f:id:makoto1002:20190812121609j:image

テーブルは背面テーブルとなっていて大きさはかなり大きいです。前後に動かすことも可能です。
f:id:makoto1002:20190812121621j:image

インアームタイプのテーブルも備えています。

この辺は16両のN700系グリーン車と同じ設備となっています。
f:id:makoto1002:20190812121936j:image

8両と16両のN700系グリーン車の大きな違いはこちらで8両編成のグリーン車にはレッグレストが付いています。リクライニングのレバーの横のレバーで操作が出来ます。
f:id:makoto1002:20190812121646j:image

リクライニングをフルで倒すとこれぐらい倒れます。さすがはグリーン車と言うことでかなり倒れます。
f:id:makoto1002:20190812121605j:image

レッグレストをフルで起こすとこんな感じです。

f:id:makoto1002:20190812124133j:image

前後間隔もそれなりに広いですが、やはりレッグレストを使うと少し狭く感じてしまいます。
f:id:makoto1002:20190812121649j:image

読書灯のスイッチも付いています。

シートヒーターは8両編成のN700系グリーン車には付いていません。
f:id:makoto1002:20190812121910j:image

読書灯は可動式で照準を変えることも可能です。
f:id:makoto1002:20190812122100j:image

また8両編成のN700系グリーン車にはフットレストも付いています。ただしこれに関して圧倒的に16両編成のN700系グリーン車のフットレストの方がしっかりしていて個人的には好みです。
f:id:makoto1002:20190812121940j:image

高さを調整するようなことも出来ず、跳ね上げ式のタイプのフットレストです。
f:id:makoto1002:20190812121947j:image

コンセントに関してはグリーン車は全席に設置されています。普通車は窓側のみですのでこれはかなり良い点ですね!!
f:id:makoto1002:20190812121930j:image

肘置きなどもとても立派です。

f:id:makoto1002:20190812123805j:image

車内はフルカラーの電光掲示版を搭載していてとても見やすくていいと思います。8両編成のN700系グリーン車の客室は16両編成よりも暖色系ライトが強くて落ち着きのある空間が広がっています。東海道・山陽新幹線の方はどうしてもビジネス色が強いですよね。

f:id:makoto1002:20190812122148j:image

デッキにやって来ました。8両編成ですのでとてもシンプルですよね〜

車掌室はグリーン車に近い6号車に設けられています。何かあった時はすぐに対応してもらえます。

f:id:makoto1002:20190812122630j:image

N700系ですので車内は全て禁煙で喫煙ルームが用意されています。グリーン車専用の喫煙ルームはなく3.7号車に喫煙ルームが設置されています。
f:id:makoto1002:20190812122144j:image

洗面台もとてもシンプルです。石鹸も備え付けられています。
f:id:makoto1002:20190812122155j:image

洗面台にはコンセントが用意されています。
f:id:makoto1002:20190812122158j:image

デッキ部分も木目調のデザインでとても落ち着きのある内装となっています。

f:id:makoto1002:20190812173353j:image

九州新幹線内では車内販売がありません。

自動販売機では飲み物が販売されていますが種類は少ないので乗車前に購入しておくことをお勧めします。山陽新幹線内では車内販売が実施されています。

f:id:makoto1002:20190812122916j:image

熊本駅を発車して博多駅を目指します。

熊本駅→博多駅まではみずほ号だと40分ほどなのであっという間に到着します。
f:id:makoto1002:20190812122925j:image

筑後船小屋駅付近を走行しています。

九州新幹線は熊本駅⇄鹿児島中央駅間は電波が通じない所が多いですが熊本駅⇄博多駅間は基本的に電波は良いです。

f:id:makoto1002:20190812122921j:image

新鳥栖駅の街が見えてきました。今回のみずほ号は新鳥栖駅に停車しました。

f:id:makoto1002:20190812124609j:image

新鳥栖駅を出てしばらくすると博多駅に到着です。本当に新幹線は速いので何事もあっという間に感じてしまいます。今回は山陽九州新幹線で使われているN700系のグリーン車の紹介でしたがいかがでしたでしょうか?

人それぞれに好みはあると思いますが私は16両編成のN700系グリーン車の方が好きですかね笑

普通車指定席に関しては圧倒的に8両編成のN700系の方が好きですけどね!!

皆さんも是非一度乗ってみてください!!

YouTubeでも活動しておりブログとは違った視点からレビューしてます。

宜しければそちらもご覧ください!!

https://www.youtube.com/channel/UCiswegVRhZzcE0WwwpcnSnQ

ツイッターも更新していくので是非!!

http://twitter.com/mkt89307979

最後までご覧くださいましてありがとうございます!!それでは!!!!