m's 旅行記

9月〜毎週月曜日、水曜日、木曜日、土曜日に更新! 鉄道、バス、飛行機レビューやホテルレビューなどを投稿していきます。

景色良すぎ!キハ187系 特急スーパーまつかぜ号 乗車記

f:id:makoto1002:20190714161534j:image

皆さんこんにちは!!

今回はJR西日本の特急スーパーまつかぜ号に乗車したので紹介します。

特急スーパーまつかぜ号は鳥取駅⇄益田駅を運転している列車で1日4往復運転されています。

米子駅⇄鳥取間で運転されるスーパーまつかぜ号も1日3往復運転されています。

鳥取駅⇄米子駅間のスーパーまつかぜ号は以前紹介してますのでそちらもご覧下さい!

使用車両はキハ187系と呼ばれる車両です。

この車両は島根県と鳥取県が山陰地方を鉄道で高速移動出来るようにお金を出し合ってJR西日本なら作ってもらった車両です。この列車の登場で山陰本線内の特急列車のスピードは桁違いに上がり今の便利さが生まれました。

キハ187系は基本2両編成で運転されていて普通車自由席、普通車指定席の2クラス制でグリーン車のような上級設備はありません。f:id:makoto1002:20190714161504j:image

益田駅にやってきました。この駅はかなり綺麗で立派な駅舎です。駅前には飲食店などもありますしビジネスホテルなども駅前にあります。

標準的な地方都市って感じです。
f:id:makoto1002:20190714161507j:image

改札は自動改札機でなく手動改札です。2019年8月現在、この辺りではICOCA、Suicaのような交通系icカードは使えないのでご注意下さい。

近頃はJR西日本はICOCAの利用可能エリアをどんどん拡大しているのでいずれは山陰地方の島根県、山口県エリアでもICOCA等のicカードが使えるようになると思います。現在山陰地方では特急やくも号が走ってる区間ではicカードが使えます。
f:id:makoto1002:20190714161513j:image

ホームに入りました。2面3線のホームで特急列車は改札を入るとすぐの1番線からの出発です。
f:id:makoto1002:20190714161519j:image

入線してきました。鳥取県と島根県がJRにお金を出して作ってもらった車両ということで列車側面には鳥取県、島根県の花がラッピングされています。JR西日本からのサプライズでしょうね!!

ちなみにスーパーまつかぜ号、スーパーおき号では車内販売もありませんし自動販売機もありませんのでご注意を。

それでは車内に入ります。


f:id:makoto1002:20190714161524j:image

客室は2-2の座席配置となっています。289系特急こうのとり号の普通車などと座席のデザインは似ています。
f:id:makoto1002:20190714161529j:image

こちらが今回の座席です。かなり色褪せてしまってます。。
f:id:makoto1002:20190714161510j:image

座席は背面テーブルとなっています。

f:id:makoto1002:20190714161950j:image

大きさはかなり大きくて十分です。

前後に動かしたりして位置を調整するようなことは出来ません。
f:id:makoto1002:20190714162158j:image

テーブルはインアームタイプのテーブルとなっています。歪な形をしていますがキハ187系では窓側に物を置くことが出来ないのでこれは有り難いですよね〜
f:id:makoto1002:20190714162000j:image

リクライニングは横のボタンを押して操作します。
f:id:makoto1002:20190714161938j:image

フルで倒すとこれぐらい倒れます。

普通車にしてはかなり倒れると思います。

コンセントやフリーWi-Fiなどはありません。
f:id:makoto1002:20190714161942j:image

車内には端部に電光掲示板を搭載していて日本語&英語が流れます。自動放送ではなく手動放送ですが英語放送を録音した自動放送も流れており外国人にも対応しています。日本旅行でこの辺りを訪れる外国人も結構いるみたいですよ!!
f:id:makoto1002:20190714161856j:image 

客室を後ろから眺めます。運転室側には出入り口のドアはありません。益田駅からの乗車率は3割程度でした。
f:id:makoto1002:20190714162017j:image

デッキにはこのようなスペースが設けられています。かつては喫煙ルームがあったと思いますが今では車内は全て禁煙となっていて喫煙ルームもなくこの場所は山陰地方を走る列車のパンフレットなどが置かれていました。
f:id:makoto1002:20190714161852j:image

トイレは1号車寄りのデッキに1箇所のみ設けられています。
f:id:makoto1002:20190714161849j:image

車椅子に対応しているトイレで中はかなり清潔に保たれていました。ウォシュレットなどは流石に付いていませんでした笑
f:id:makoto1002:20190714161923j:image

益田駅を定刻に発車しました。景色は初めから絶景です。田んぼが広がり日本らしい景色が広がります。
f:id:makoto1002:20190714162024j:image

しばらく走行すると沿岸部を走行しだします。

特急スーパーまつかぜ号、スーパーおき号は沿岸部と山間部を交互に走るので乗ってて景色に飽きないです。

f:id:makoto1002:20190714163015j:image

今まで海岸沿いを走る列車には何度も乗ってきましたがここまで感動したのも久しぶりでした。非常にオススメできる特急列車ですので是非乗ってみてください!!

f:id:makoto1002:20190714163854j:image

益田駅より30分。まもなく浜田駅に到着します。浜田駅は島根県の中でもかなり大きな駅で街も広がっています。この駅で割と多くの乗車がありました。

f:id:makoto1002:20190714165930j:image

江津駅に到着です。この駅で多くの乗車があり7割ぐらいの乗車率になりました。

スーパーまつかぜ号もスーパーおき号も基本的に混んでいることが多いイメージでしたが予想通り基本的に混み合ってます。まぁ逆に言えば2両編成で対応出来てしまうぐらいの需要の量ってことなんですけどね。。

f:id:makoto1002:20190714174715j:image

益田駅より1.5時間ほどで出雲市駅に到着しました。かなり疲れましたが鳥取駅まではまだ半分も来てません。ここからが本番です。

f:id:makoto1002:20190714180444j:image

出雲市駅を出ると続いて宍道湖に近づいてきます。海水と淡水の混ざった汽水湖で夕日の美しさが有名です。今回はあいにくの天気でしたが晴れていたらなお素晴らしく綺麗だそうです。

f:id:makoto1002:20190714184021j:image

益田駅より2.5時間。米子駅に到着です。

景色が良いところを走ってくれるので飽きませんがさすがに疲れます笑

米子駅⇄鳥取駅間でもスーパーまつかぜ号は運転されています。区間運転ってことですね!!

f:id:makoto1002:20190714191158j:image

益田駅より3時間。倉吉駅に到着です。

乗車した時は外も明るかったですがもう流石に暗くなりかけてました。倉吉駅で乗客はほぼいなくなりました。乗車率は2割ぐらいです。

倉吉駅を出ると鳥取大学前、そして終点の鳥取駅に止まります。

f:id:makoto1002:20190714194611j:image

益田駅より3.5時間。終点の鳥取駅に到着です。

今回は特急スーパーまつかぜ号を全区間乗り通しましたが流石に普通車は疲れました。

グリーン車があれば良かったのですけどね笑

沿線の景色は非常に綺麗でとても満足の行く列車の旅でした。

f:id:makoto1002:20190714194638j:image

皆さんも是非、キハ187系の特急スーパーまつかぜ号に乗車してみてください!!

YouTubeでも活動しておりブログとは違った視点からレビューしてます。

宜しければそちらもご覧ください!!

https://www.youtube.com/channel/UCiswegVRhZzcE0WwwpcnSnQ

ツイッターも更新していくので是非!!

http://twitter.com/mkt89307979

最後までご覧くださいましてありがとうございます!!それでは!!!!