m's 旅行記

9月〜毎週月曜日、水曜日、木曜日、土曜日に更新! 鉄道、バス、飛行機レビューやホテルレビューなどを投稿していきます。

タイ国鉄 寝台急行 1等車 乗車記 ホアヒン駅→バンコク中央駅

f:id:makoto1002:20190512142426j:image

皆さんこんにちは!!

今回はタイ国鉄の寝台列車に乗車しましたので紹介します。以前にタイ国鉄の昼行特急列車は紹介してますので宜しければそちらもご覧ください。タイ国鉄は等級別にクラスが分かれており三等車が一番下級で二等車座席車、二等車寝台車、一等車寝台個室車と主に4つに分かれます。一等寝台個室車は基本的に夜行列車にしか連結されておらずタイ国鉄では唯一の鍵が掛けれる部屋となってます。一等寝台個室車は基本的に編成に1両、2両程度しかなく今回乗車した急行列車には1両しか連結されていませんでした。今回はその一等寝台個室車に乗車しましたので紹介します。

f:id:makoto1002:20190512022044j:image

今回はタイのバンコクから南西に200キロの位置にあるホアヒン駅→バンコク中央駅まで移動しました。乗車時間は急行で5時間、特急で3.5時間程度かかります。今回の乗車料金は1500バーツでした。1バーツ3.5円なので安いということが分かると思います。タイの物価を考えるとかなり高いですけどね笑
f:id:makoto1002:20190512022047j:image

ホアヒン駅、ホアヒン観光記も別に作って公開してますのでそちらも宜しければご覧ください!!

タイ国鉄は自動券売機などはなく全て窓口です。改札機もなくてホームには誰でも入れます。切符の確認は車内で行われます。
f:id:makoto1002:20190512022055j:image

こちらが時刻表です。1日にこれだけしか列車は来ません。上下合わせて30本程度です。かなり少ないですよね笑

タイ国鉄は単線かつ非電化なので仕方ないです。
f:id:makoto1002:20190512022058j:image

こちらがホアヒン駅の構内図です。右側の神殿みたいな建物はタイの王族の方専用待合室でホアヒン駅が格式の高い駅の理由です。ここは観光地になっています。線路は二本ありますが手前の線路を基本的に使っています。
f:id:makoto1002:20190512022051j:image

こちらが一応改札への入り口です。切符の確認は先ほども言った通りありません。タイでは野良犬がいっぱいいますが野良犬もここをよく通過します。野良犬は狂犬病の恐れもあるので近づくのはやめてくださいね!!
f:id:makoto1002:20190512022041j:image

ホアヒン駅の駅名標です。ライトアップされてカッコいいですよね!!
f:id:makoto1002:20190512022037j:image

こちらが先ほど書いた、タイ王族専用の待合室です。今は使われていませんが観光地となっていています。それでは列車を待ちます。

タイ国鉄は基本的に遅れます。遅れて来なければそれは奇跡です。

f:id:makoto1002:20190512041832j:image

この日は40分遅れで到着しました。こちらが今回乗車する急行列車です。暗いし個室には上段に寝ている方がいらっしゃったので朝に車内紹介、車両紹介をします。

f:id:makoto1002:20190512142457j:image

それでは朝になったので車内を紹介していきます。こちらがデッキから通路を撮った写真です。日本の昔のブルートレインのように車両の両側に部屋があるのではなくて片方側に部屋が並んでいます。
f:id:makoto1002:20190512142454j:image

タイ国鉄では以前に起こった悲惨な事件の後、車内でアルコールを飲むこと、持ち込むことは厳禁となっています。悲惨な事件についてはここでは述べませんがタイ国鉄 事件 と調べると胸が痛む事件が確認できると思います。

個室であっても車内で飲酒をすることは禁止されています。

f:id:makoto1002:20190512072900j:image

通路はこんな感じで日本のブルートレインのB寝台とほとんど変わりません。窓側に椅子などはありませんけどね笑
f:id:makoto1002:20190512072837j:image

今回は24番を予約しました。奇数が上段、偶数が下段のベットを使うことになります。下段の方が値段は少し高いです。
f:id:makoto1002:20190512072830j:image

こちらが個室内です。二人で使う分には十分な広さかなと思います。今回は下段を使いました。
f:id:makoto1002:20190512072853j:image

備え付けでブランケットが用意されています。
f:id:makoto1002:20190512072840j:image

乗車するとすぐに検札があり、係りの方から水を1本頂くことが出来ます。
f:id:makoto1002:20190512072906j:image

オススメはやはり広々している下段です。
f:id:makoto1002:20190512072850j:image

個室なのでもちろん鍵をかけることもできます。タイ国鉄には現在、新型の客車もありますが今回は旧型の客車となっていました。まぁ新型の客車はこれからもいつでも乗れるので旧型の客車で良かったです。タイ国鉄は2ヶ月前からインターネットで予約できますので日本で予約していくことをお勧めします。電子チケットには対応していないので必ず紙のチケットを印刷して持って行って下さい!!
f:id:makoto1002:20190512072903j:image

照明は一括でこのスイッチで操作します。
f:id:makoto1002:20190512072909j:image

帽子掛けも用意されています。
f:id:makoto1002:20190512072834j:image

洗面台もあります。正直結構汚いですけどまぁ仕方ないですよね。
f:id:makoto1002:20190512072845j:image

洗面台の上にはドリンクホルダーが設置されていてペットボトルなど置いておくことが出来ます。
f:id:makoto1002:20190512072824j:image

こんな感じで下段の人はテーブルを利用することが出来ます。固定されており動かしたりすることはできません。
f:id:makoto1002:20190512072821j:image 

下段にはこのように読書灯のようなものも設置されています。付けるとかなり明るくなります。
f:id:makoto1002:20190512072818j:image

室内には呼び出しボタンも付いています。日本で言うところのSOSボタンだと思います。
f:id:makoto1002:20190512072842j:image

トイレは室内にはなくデッキまで行かないとありません。この部分は二等車の方と共用となっています。
f:id:makoto1002:20190512072857j:image

和式トイレとなっています。正直かなり汚いですね笑

デッキはかなり騒音が激しいです。

f:id:makoto1002:20190512142411j:image

40分遅れで出発して遅れは回復したのですがバンコク中央駅手前で信号待ちが続き結局30分遅れで到着しました。タイ国鉄は基本的に単線なので信号待ちは仕方ないですね笑

寝台車の結論としては寝心地は結構良かったように思えます。

私は列車で寝ることが慣れていますので特に何とも思いませんでしたがあまり寝台車で寝慣れていない方からすると少し揺れがきついかなと思います。
f:id:makoto1002:20190512142414j:image

到着前に車掌さんがやってきてベッドを座席に転換してくれます。この辺りも日本の寝台車と似ています。
f:id:makoto1002:20190512142407j:image

ちなみに食堂車も用意されていますが大した食事はありませんでした。基本的には電子レンジで温める食事です。アルコール類も販売されていません。食事は事前に購入して乗車することをオススメします。

日本では寝台列車の旅はもうほとんど出来ないので寝台車に乗りたい方はタイ国鉄に乗るのも選択肢にいれてください!!

YouTubeでも活動しておりブログとは違った視点からレビューしてます。

宜しければそちらもご覧ください!!

https://www.youtube.com/channel/UCiswegVRhZzcE0WwwpcnSnQ

ツイッターも更新していくので是非!!

http://twitter.com/mkt89307979

最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!