m's 旅行記

火、木、土、日に更新します! 主に鉄道や飛行機レビューを載せます。

特別料金不要!? おトクで快適 阪急京とれいん 第1編成 乗車記

f:id:makoto1002:20190106153124j:image

皆さんこんにちは!!

今回は関西の5大私鉄の1つ、阪急電車の紹介です。当ブログで阪急電車単体で取り上げるのは初めでです!!

阪急電車と言えば映画にもなりましたし、マルーン一色の塗装が有名で関西にお住いでない方もご存知かと思います。

f:id:makoto1002:20181231045027j:image

さらに梅田から十三までは阪急神戸線、宝塚線、京都線が並行して走っており都会の真ん中に線路が6本、つまり複複々線状態になっていて並走バトルなども見れて鉄道ファンからも人気です。また阪急沿線は少し高級なイメージが付いており関西に在住の方だと阪急沿線に住みたいなぁと思ってる方も多いみたいです。

今回は阪急京都線を走るある列車を紹介します。

阪急京都線は大阪梅田から淡路、高槻、桂などを経由して京都の河原町まで結びます。

種別も普通、準急、快速急行、特急etc...と数多くあります。

大阪京都間は主に東海道新幹線、JR京都線、阪急電車、京阪電車と数多くの路線が競合してますが河原町駅はJR京都駅からは少し離れており新快速などとも上手に住み分けが出来ています。

阪急電車では特急列車などにも乗車券のみで乗れます。有料座席指定列車などはありません。

そして今回紹介するのは阪急京都線内を走る、

快速特急 京とれいん号です!!

大阪梅田を出ると、十三、淡路、桂、烏丸、河原町のみにしか止まりません。

所要時間は43分です!!

所要時間などは特急とほとんど変わりませんが淡路駅から桂駅まではノンストップなので少し優越感に浸れます!!

そしてこの列車も乗車券のみで乗車できますし車内も専用の車両が使われており豪華です!!

運転日は主に土日祝の運転となっていて一日4往復しています!!

それではいきます!!

f:id:makoto1002:20190106152314j:image

阪急梅田駅です。

阪急梅田駅は日本の私鉄で一番大きな駅です。

神戸線、宝塚線、京都線にそれぞれ3本ずつ線路があり横一列に9本の線路が並びます!!

とても壮大でいつまでも圧巻させられます。

ここを人が途絶えることなく行き来しており本当にすごいです。

f:id:makoto1002:20190106152329j:image

今回乗る京都線は1.2.3番線です。

快速特急は2号線から出発します。

余談ですが阪急電車では番線とは言わず号線と言います笑、この言い方は阪急電車ぐらいじゃないですか?笑

f:id:makoto1002:20190106153139j:image

こちらが今回乗車する、京とれいんです。

見た目はノーマルな阪急電車と同じマルーン色です。列車は6両編成となってます。

京都寄りから1.2.3.4.5.6号車となってます。

f:id:makoto1002:20190106161752j:image

まず1.2号車から見ます。

転換クロスシートが並びます。

1.2号車は「鮮やかな京情緒」を演出してます。

f:id:makoto1002:20190106153208j:image

続いて3.4号車です。

こちらは「京町家の趣」を演出してます。

半個室型の座席となっていてグループ利用に向いてますね!

f:id:makoto1002:20190106161755j:image

そして最後が5.6号車です。

こちらは「落ち着きの風情」を演出してます。

1.2号車と同じく転換クロスシートが並びます。

このように1つの編成で3種の演出を楽しめる素晴らしい列車となってます!

床などは土間床となっていてこちらも京都を感じさせますよね。さすが京都、さすが阪急!

f:id:makoto1002:20190106153455j:image

このように外国語に対応している京都のパンフレットなども数多く置かれているし、案内放送なども多国語に対応してます。

残念ながらコンセント、お手洗いといった設備はありませんが乗車券のみで乗れるので仕方ないです。

京とれいんは多くの方から好評を得ているようで2019年に新たに1編成増編され雅洛と名付けられらそうです。

こちらもまたレビューしようと思ってます。

阪急電車は路線数もそこまで長くなく観光列車と呼べるものは京とれいんぐらいしかありませんがこの列車は本当に素晴らしくこの列車で京都観光などをするのも良いです!

京都に着く前から京都気分を味わえるのでね。

しかも乗車券のみで乗れちゃうのでお得ですよね!是非一度乗ってみてください!!

最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!