m's 旅行記

基本的に毎日更新します! 主に鉄道や飛行機レビューを載せます。

E653系 特急しらゆき号 普通車乗車記

f:id:makoto1002:20181201020843j:image

皆さんこんにちは!!

今回はJR東日本で活躍しているE653系特急しらゆき号の普通車を紹介します!!

特急しらゆき号はJR西日本北陸新幹線の上越妙高駅から第三セクターの妙高はねうまラインを通り直江津、新潟まで向かう特急列車です。

上越妙高から新潟を1日に5往復しております。

使用車両はE653系はJR東日本の車両で特急いなほ号にも使用されています。

しらゆき号で使われているE653系は4両編成でものクラス制となっています。なのでグリーン車はありません。

E653系は元々常磐線で使用されていました。

いなほ号は7両なので基本編成が転属してしらゆき号には4両の付属編成が転属しました。
f:id:makoto1002:20181201020850j:image

始発の上越妙高妙高駅です。

観光列車の越乃シュクラ号も来るみたいですね。乗ってみたいのですがなかなか都合が合わないです。。
f:id:makoto1002:20181201020847j:image

いなほ号の方は黄色とオレンジが主体の車両ですがしらゆき号の方は雪をイメージしているのかクールな色合いになっておりどちらも好きです。行き先表示もLCDが使用されています。
f:id:makoto1002:20181201020904j:image

車内に入ります。JR東日本ではよくあるゴミ箱のデザインです。新聞、燃えるゴミ等々個別に分別してくれ!ってことですね。
f:id:makoto1002:20181201020912j:image

洗面台は白と黒を基調としておりかっこいいですよね。石鹸も設置されています。
f:id:makoto1002:20181201020856j:image

お手洗いです。男女共用、男性用トイレなど装備されておりバリアフリーにも対応しています。それでは客室に入ります。

1.2号車は普通車指定席、3.4号車は普通車自由席となっています。

1から4号車全て座席のデザインは同じです。
f:id:makoto1002:20181201020835j:image

こちらが客室です!

北陸新幹線の普通車を連想させるというより元々意図して作られたと思います。

上越妙高は北陸新幹線との接続駅ですし北陸新幹線と丁度良いぐらいに乗り換えが出来ます。

乗車率はそれほど高くないのですが直江津や長岡駅での乗降は割とあったかなと思います。
f:id:makoto1002:20181201020908j:image

こちらが座席です。

テーブルは前から取り出す式のテーブルが装備されておりそこまで小さくもなく大きくもなくパソコンぐらいなら余裕で置けます。
f:id:makoto1002:20181201020838j:image

リクライニングももちろん出来ます。

E257系のように座面も動かせます。

リクライニングをすると座面を前にしたらさらに快適度は上がりますよ!

フットレストやコンセントといった設備はありません。

また特急しらゆき号では車内販売も無いのでご注意下さい。
f:id:makoto1002:20181201020826j:image

前の座席にはチケットホルダーが装備されています。チケットホルダーは検札がある車両だとあると便利ですよね!

JR西日本の281系特急はるか号の普通車にもチケットホルダーはありますね!

f:id:makoto1002:20181201020916j:image

車内の案内表示も見やすくて良いです。

もちろんJR東日本お馴染みの自動放送もかかり外国人の方にも配慮されています。
f:id:makoto1002:20181201020829j:image

特急しらゆき号は上越妙高から新潟駅まで乗り通すと2時間以上かかるので半室でもいいのでグリーン車があれば需要もあると思うですけどね笑、まぁJR東日本がそこまで改造に金をかけるとは思いませんがね笑

特急しらゆき号はA特急料金が適用されているのでそこそこ特急料金は高いですが新幹線と乗り継ぎ割引を使うとしらゆき号の特急料金は半額になりますので是非乗り継ぎ切符で購入してください!!

E653系は交直流どちらも対応しているカッコいい車両なので是非乗ってみてください!!!

最後までご覧下さいましてありがとうこざいます!!それでは!!!!