m's 旅行記

火、木、土、日に更新します! 主に鉄道や飛行機レビューを載せます。

E3系 世界最速の芸術鑑賞 現美新幹線乗車記

f:id:makoto1002:20181119183254j:image

皆さんこんにちは!!

今回は走る美術館、世界最速の芸術鑑賞と呼ばれている上越新幹線の現美新幹線を紹介します!この新幹線は上越新幹線の新潟駅から越後湯沢駅を結ぶ新幹線です。

列車名は現美新幹線とき〇〇号として運転されています。6両編成の固定編成で首都圏に乗り入れた経験も持ちます。

今回は長岡駅から越後湯沢駅まで乗車しましたので紹介します。

f:id:makoto1002:20181119223409j:image

長岡駅では始発駅でもないのに大きく広告が表示されていました。現美新幹線は運転日は1日に数往復しているので乗る機会は多いと思います。観光列車では大体が一日に一往復しかないのが多いのでそれに予定を無理やり合わせたりすること面倒ですよね。
f:id:makoto1002:20181119223413j:image

長岡駅は比較的大きな駅で本数もそれなりにあります。
f:id:makoto1002:20181119223416j:image

現美新幹線は6両編成です。

ですが11号車からとなってます。

1から10号車はなく11号車から16号車となっています。これには理由があります。

もともと現美新幹線に使われるこの車両はE3系と呼ばれ東北新幹線、秋田新幹線のこまち号として運転されていました。

こまち号は東北新幹線では当時はやて号などと連結して走っていました。1から10号車の号車番号は東北新幹線の番号です。

それがそのままE3系にも受け継がれています。

つまり連結はしないけれど東北新幹線に号車番号を譲っているということです!

f:id:makoto1002:20181119223420j:image

車体前面は真っ黒です。

東海道新幹線で真っ白は見慣れていますが真っ黒は見慣れていないのでとても斬新なデザインだなと思います。
f:id:makoto1002:20181119223406j:image 

車体にも花火、芸術などが描かれており一際目立つ新幹線となっています。
f:id:makoto1002:20181119223426j:image

車内に入ると車内の編成図があります。

この新幹線は6両編成となっておりますが指定席車両は1両のみでその他の車両は全て自由席です。

11号車が指定席、12から16号車が自由席です。また芸術が施されているのも自由席の車両のみで11号車は特に何もありません。

f:id:makoto1002:20181119224331j:image

まぐ11号車から見てみます。

四列シートが並びます。

実はこの11号車は秋田新幹線でこまち号として活躍していた時はグリーン車だったのです!

特に座席も変わっていないので元グリーン車に普通車指定席の料金で乗れる乗り得車両なのです!なので床も絨毯となっています。
f:id:makoto1002:20181119224323j:image

こちらは座席です。元グリーン車なのでやはりデカくて良いですよね!
f:id:makoto1002:20181119224315j:image

リクライニングもそこそこ倒れ快適です。

枕も可動式で上下に動かすことができます。
f:id:makoto1002:20181119224328j:image

テーブルは前から取り出す式となっています。

前後に動かすことはできません。

f:id:makoto1002:20181119224752j:image

またインアーム式のテーブルも付いているので普通車としてはかなり豪華です。
f:id:makoto1002:20181119224319j:image

もちろんフットレストも装備しています!

跳ね上げ式ですが今は普通車なので仕方ありません。

f:id:makoto1002:20181119224834j:image

こちらが通路部分です。黒を基調として暖色系のライトが照らし電車の中とは思えないです。
f:id:makoto1002:20181119224828j:image

洗面台もオシャレすぎてさすが美術館だなーと思います笑、トイレもバリアフリー対応のが付いていますのでどなた様でもお気軽に使えます。
f:id:makoto1002:20181119224838j:image

デッキ部分には公衆電話が置かれています。

今時の小学生って公衆電話の使い方知っているんでしょうか?小学生でもスマホ持っている時代ですからね。。

f:id:makoto1002:20181119225101j:image

こちらが、自由席かつ美術館である12から16号車です。座席は横向きの長椅子でリクライニングなどはもちろん付いていません。ですがこの列車は車両内を移動するのがメインなので長椅子の方がかえって良いのでしょう!車内には壁一面に写真などが貼られています。
f:id:makoto1002:20181119225106j:image

写真以外にもこういった、芸術品も展示されています。あまり載せ過ぎると乗った時の楽しみが消えるのでこれぐらいにしときます。

かなり種類は多くて飽きないです。

f:id:makoto1002:20181119225400j:image

また車内には販売カウンターもあり色々と売っています。

f:id:makoto1002:20181119225352j:image 

この日はコーヒーをオーダーしました。

現美新幹線と英語でロゴが入っているコップ。

カッコイイです笑

f:id:makoto1002:20181119230119j:image

ガンジー牛乳が置かれていました。

知りませんでしたが普通の牛乳と特に差は感じませんでした笑

f:id:makoto1002:20181119225356j:image

販売カウンターの隣には子供を遊ばせるスペースもあり芸術にあまり興味のない小さな子でも楽しめるようになっています。

f:id:makoto1002:20181119225551j:image

今回は長岡駅からの乗車だったので30分程でした。かなり一瞬に感じます。

車内の客層についてなんですが面白いことにスーツを着たサラリーマンが多いです笑

この列車乗るのに特別追加料金なども要らないので乗る気がなくてもとき号に乗ろうと思ったら現美新幹線が来た!みたいなことも多いと思います笑

この新幹線、技術的には何の改造もなく首都圏に乗り入れるので通年東京駅から運行してほしいですけどこれも地方活性化のひとつ。

これに乗るために越後湯沢、新潟に来てもらおう!といった意図も含まれているんでしょうね。その方がJR東日本としても儲かりますしいいんでしょうね笑

最近では足湯のあるとれいゆつばさ号、500系ハローキティ新幹線などと新幹線を使った観光列車も増えてきているんで今後はもっと増えそうですね!なかなか新鮮な感じのする現美新幹線ことE3系。ぜひ機会があれば乗ってみてください!!最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!

この頃はYouTubeチャンネルも開設したのでそちらも宜しければ是非!

https://www.youtube.com/channel/UCiswegVRhZzcE0WwwpcnSnQ

 

 

 

E3系つばさ号 普通車乗車記

f:id:makoto1002:20181118131608j:image

皆さんこんにちは!!

今回は郡山駅から宇都宮駅までE3系のつばさ号に乗車したので簡単に紹介します。

今回は普通車です。

列車は17両での運転です。

福島駅から東京駅まではやまびこ号と連結して運転します。一部はつばさ号単独でも運転を行います。

つばさ号は山形寄りの7両です。

普通車とグリーン車の2クラス制です。

つばさ号といえばやはりシルバーのイメージが強いですが今では全くカラーリングが変わってしまいました。

f:id:makoto1002:20181118131814j:image

にも関わらず乗車目標は未だに以前のカラーリングです笑、なぜなんでしょうね笑

f:id:makoto1002:20181118131850j:image

17両といえば旅客列車では日本最長の両数ですね!東海道新幹線は16両固定ですし。

でも16両の東海道新幹線が3分おきにバンバンと走ってることを考えるとやはり東海道新幹線ってすごいんだなと思いますね笑

それでは車内に入ります。

f:id:makoto1002:20181118135821j:image

在来線と新幹線両方走るため車体が小さく新幹線区間ではステップを出します。走行中はパタンと中に閉じるようになっています笑

f:id:makoto1002:20181118133434j:image

ゴミ箱は出入り口付近に備えられています。

f:id:makoto1002:20181118133513j:image

普通車なのですがスキー用具などを置けるスペースも設けられていて良いと思います!
f:id:makoto1002:20181118133510j:image

洗面台はJR東日本ではよくあるタイプの物です!このタイプの洗面台は分かりやすくて非常に良いと思います!

f:id:makoto1002:20181118135644j:image

客室です。さくらんぼをイメージしているのでしょうか?チェリー色が採用されています。

山形新幹線は在来線区間も走るいわゆるミニ新幹線というタイプです。

そのため車両の幅も普通の新幹線とはことなり狭くなっています。なので座席は4列シートになってます。JR西日本、九州のN700系の普通車指定席と同じじゃん!と思った方もいると思いますがあちらは標準の幅の新幹線での4列なので全然違います。

f:id:makoto1002:20181118133758j:image

枕カバーはかなり短いのが使われています笑

もう少し長くできたと思うんですけどね笑

f:id:makoto1002:20181118133830j:image

リクライニングは手動です。

前側の黒いボタンを押すと座面を前後に動かすことが可能です。

白色の方のボタンはリクライニングです。f:id:makoto1002:20181118133826j:image

テーブルはインアーム式ではなくて前から取り出す式のテーブルです。前後に動かすことなどはできません。
f:id:makoto1002:20181118133838j:image

地味だけど便利なドリンクホルダーも設置されています。意外と便利ですよね笑
f:id:makoto1002:20181118133842j:image

フットレストも備わっていますが跳ね上がり式なので人によっては使うと逆に疲れてしまうという方もいると思います笑
f:id:makoto1002:20181118133834j:image

普通車なのですが読書灯もしっかりとついています。ただ車内は白色灯を使っていてかなり明るいので使ってる人は居ませんでした。

一応照準も変えれるように動かせます。
f:id:makoto1002:20181118133847j:image

コンセントは窓側に1つ付いています。

これは便利ですね!

全体的に思うことはE3系の座席は特急しらゆきなどで使っているE653系に似ていると思います。悪くはないと思います。

やはり新幹線区間では思いっきり飛ばすので乗ってて心地がいいです笑

ザックリと紹介しましたがいかがでしたでしょうか?今回はE3系つばさ号普通車の紹介でした!最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!

この頃はYouTubeチャンネルも開設したのでそちらも宜しければ是非!

https://www.youtube.com/channel/UCiswegVRhZzcE0WwwpcnSnQ

 

peach 搭乗レビュー A320

f:id:makoto1002:20181204212331j:image

皆さんこんにちは!!

最近はすっかりと馴染んできたLCCという言葉ですが実際LCCは使われたことはあるでしょうか? 私は基本的にJAL派なんですがやはりLCCというと学生が多く使ってるイメージで狭くて最悪だ。と思ってる方も多いと思います。

peachはANAの子会社で関西空港を拠点としています。国内線だけではなく国際線にも飛ばしておりLCCの中ではかなり有名な航空会社だと思います。

使用している機材は全てA320と呼ばれるLCCではよく見られる中型機体を使用しています。

座席クラスは普通席のみの設定ですが追加料金を払うと少し前後間隔が広い席、非常口付近の席などちょっと良い席もあります。

今回は関西空港から福岡空港まで乗りました。

料金ですがセール期間ということで4500円程で乗れました。ただLCCではよくあるのですがLCCは座席指定、受託手荷物なども全て有料です。今回は窓側を取ろうと座席指定しましたので追加で540円かかり5000円程になりました。

それでもJALやANAなどと比べるとかなり安いですよね!

また任意ですがpeachでは保険に加入するかどうかも聞いてきます。有料ですがお金を払うと保険に加入することもできます。

それでは関西空港駅から福岡空港到着までの流れを順に追って紹介していきます!!

関西空港はターミナルが2つに分かれています。peachは国内線国際線共に第二ターミナルからの出発となります。

関西空港駅の改札を出たら右に進みましょう。

f:id:makoto1002:20181205033618j:image

第2ターミナルへは無料の連絡バスで行きます。改札を出ると右へ行くと連絡バスへの案内が看板で出ており誘導に従います。

バスは南海バスです。

普通のバスもありますし写真のような連節バスもあります。本数もかなり多くてほとんど待たなくて乗れます。第2ターミナルへはバスで10分弱です。

今回は国内線利用なので国内線のバス停で降車します。

それではターミナルへ入ります。

f:id:makoto1002:20181206063253j:image

ターミナル内はかなり簡素な作りですが必要なものは全て揃ってます。

私が以前peachを利用した時は店などもほとんど無かったですが今はかなり充実してます。

朝の6時でこの人の量です。
f:id:makoto1002:20181206063256j:image

チェックイン機もかなりありますがLCCは早朝に離陸する便が多いので時間には余裕を持って来るべきです。特にLCCは時間厳守で待ってくれたりしませんからね。

peachの場合、国内線なら30分前までにチェックインを済まさないといけませんが関西空港と那覇空港の場合は定刻の25分前まで受け付けてくれます。受託荷物が無いのならそのまま保安検査場を抜けます。

f:id:makoto1002:20181206063300j:image

保安検査場を抜けても大阪土産など多数売ってる店があります。品物の種類も充実しておりますよ!クレジットカード決済なども可能ですので良いですよね!!
f:id:makoto1002:20181206063303j:image

またレストランもあり食事にも困りません。

やはりLCCですのでとにかく余裕を持って保安検査場を通りお土産などは制限エリアで済ませることをお勧めします。
f:id:makoto1002:20181206063307j:image

待合室です。人がかなり多く奥にも部屋があり十分な広さです。

喫煙ルームも2室完備されておりトイレなども多くあるので混んでても快適です。

f:id:makoto1002:20181206070431j:image

飛行機への案内が開始するとこのように廊下のようなところを歩きます。

今回は90番ゲートだったのでかなり歩きました、まず窓側の座席A.F席の人から順に案内されます。

いよいよ機内に入ります。

f:id:makoto1002:20181206064931j:image

朝日が昇る前の飛行機は綺麗ですね

機体はA320です。

LCCではよくある機材ですね。

f:id:makoto1002:20181206065117j:image

こちらが機内です。3列✖️2の6席が横に並びます。これもLCCではよくある構造ですね!!

かなり暗めですね。トイレは機内後方に備え付けられています。前方にもあったと思います。
f:id:makoto1002:20181206065055j:image

座席自体も…ね笑

枕カバーなども特に無くシンプルなデザインです笑

安いので文句は言えないです。
f:id:makoto1002:20181206065105j:image

テーブルが付いてます。

背面テーブルです。
f:id:makoto1002:20181206065123j:image

テーブルは大きくて良いのですが…
f:id:makoto1002:20181206065129j:image

リクライニングも一応倒れるんですがほんと気持ち程度でちょっとだけ倒れます。

ですがこれぐらいでいいのです!
f:id:makoto1002:20181206065059j:image

なぜなら前後間隔が狭すぎるからです。

とにかく狭いです笑

なのでリクライニングなど倒されたら悲鳴をあげてしまいそうになります笑

f:id:makoto1002:20181206065748j:image

安全のしおりはpeachオリジナルですね。

A320-200ですね。

ディスプレイなども無いので救命胴衣などの使用の説明はCAさんが通路に立って見せてくれます。これもLCCあるあるですね笑

またpeachでは機内サービスとして有料でドリンクや食事を提供しています。

JALなどではドリンクサービスは無料ですがLCCでは当たり前ですが有料です。

もちろん機内WiFiサービスなども無いのでご注意下さい!!

今回は福岡空港までの1時間のフライトでしたので特に不満はありませんがもう少し座席間隔があればいいのになと思いました笑

最後までご覧くださいましてありがとうございます!!それでは!!!!

 

 

特別料金不要!? おトクで快適 阪急京とれいん 第1編成 乗車記

f:id:makoto1002:20190106153124j:image

皆さんこんにちは!!

今回は関西の5大私鉄の1つ、阪急電車の紹介です。当ブログで阪急電車単体で取り上げるのは初めでです!!

阪急電車と言えば映画にもなりましたし、マルーン一色の塗装が有名で関西にお住いでない方もご存知かと思います。

f:id:makoto1002:20181231045027j:image

さらに梅田から十三までは阪急神戸線、宝塚線、京都線が並行して走っており都会の真ん中に線路が6本、つまり複複々線状態になっていて並走バトルなども見れて鉄道ファンからも人気です。また阪急沿線は少し高級なイメージが付いており関西に在住の方だと阪急沿線に住みたいなぁと思ってる方も多いみたいです。

今回は阪急京都線を走るある列車を紹介します。

阪急京都線は大阪梅田から淡路、高槻、桂などを経由して京都の河原町まで結びます。

種別も普通、準急、快速急行、特急etc...と数多くあります。

大阪京都間は主に東海道新幹線、JR京都線、阪急電車、京阪電車と数多くの路線が競合してますが河原町駅はJR京都駅からは少し離れており新快速などとも上手に住み分けが出来ています。

阪急電車では特急列車などにも乗車券のみで乗れます。有料座席指定列車などはありません。

そして今回紹介するのは阪急京都線内を走る、

快速特急 京とれいん号です!!

大阪梅田を出ると、十三、淡路、桂、烏丸、河原町のみにしか止まりません。

所要時間は43分です!!

所要時間などは特急とほとんど変わりませんが淡路駅から桂駅まではノンストップなので少し優越感に浸れます!!

そしてこの列車も乗車券のみで乗車できますし車内も専用の車両が使われており豪華です!!

運転日は主に土日祝の運転となっていて一日4往復しています!!

それではいきます!!

f:id:makoto1002:20190106152314j:image

阪急梅田駅です。

阪急梅田駅は日本の私鉄で一番大きな駅です。

神戸線、宝塚線、京都線にそれぞれ3本ずつ線路があり横一列に9本の線路が並びます!!

とても壮大でいつまでも圧巻させられます。

ここを人が途絶えることなく行き来しており本当にすごいです。

f:id:makoto1002:20190106152329j:image

今回乗る京都線は1.2.3番線です。

快速特急は2号線から出発します。

余談ですが阪急電車では番線とは言わず号線と言います笑、この言い方は阪急電車ぐらいじゃないですか?笑

f:id:makoto1002:20190106153139j:image

こちらが今回乗車する、京とれいんです。

見た目はノーマルな阪急電車と同じマルーン色です。列車は6両編成となってます。

京都寄りから1.2.3.4.5.6号車となってます。

f:id:makoto1002:20190106161752j:image

まず1.2号車から見ます。

転換クロスシートが並びます。

1.2号車は「鮮やかな京情緒」を演出してます。

f:id:makoto1002:20190106153208j:image

続いて3.4号車です。

こちらは「京町家の趣」を演出してます。

半個室型の座席となっていてグループ利用に向いてますね!

f:id:makoto1002:20190106161755j:image

そして最後が5.6号車です。

こちらは「落ち着きの風情」を演出してます。

1.2号車と同じく転換クロスシートが並びます。

このように1つの編成で3種の演出を楽しめる素晴らしい列車となってます!

床などは土間床となっていてこちらも京都を感じさせますよね。さすが京都、さすが阪急!

f:id:makoto1002:20190106153455j:image

このように外国語に対応している京都のパンフレットなども数多く置かれているし、案内放送なども多国語に対応してます。

残念ながらコンセント、お手洗いといった設備はありませんが乗車券のみで乗れるので仕方ないです。

京とれいんは多くの方から好評を得ているようで2019年に新たに1編成増編され雅洛と名付けられらそうです。

こちらもまたレビューしようと思ってます。

阪急電車は路線数もそこまで長くなく観光列車と呼べるものは京とれいんぐらいしかありませんがこの列車は本当に素晴らしくこの列車で京都観光などをするのも良いです!

京都に着く前から京都気分を味わえるのでね。

しかも乗車券のみで乗れちゃうのでお得ですよね!是非一度乗ってみてください!!

最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!

 

 

 

鉄道連絡船 南海フェリー グリーン席乗船記

f:id:makoto1002:20181216060314j:image

皆さんこんにちは!!

今回は最後の鉄道連絡船!?と言われている南海フェリーを紹介します。

南海フェリーは和歌山県の和歌山港から徳島県の徳島港を結ぶことフェリーです。

和歌山港から出航する時間に合わせて南海電車も和歌山港駅に到着するダイヤになっています。

また大阪の難波駅から徳島港まで片道2000円で行けてしまうお得な切符もあります。

もちろん逆区間でも使用できます。

それではいきます!
f:id:makoto1002:20181216060320j:image

南海電鉄の和歌山港駅からは少し離れています。動く歩道なども備えられており大きな荷物があっても楽です。

f:id:makoto1002:20181225074458j:image

切符売り場兼待合所です。

かなりこじんまりしてます。

ですがすぐに乗船なのでこれぐらいでいいんでしょうね!
f:id:makoto1002:20181225074513j:image

乗船しました。

甲板にも席があります。混雑時はここも混み合うんでしょうね。
f:id:makoto1002:20181225074523j:image

船内です。

室内の客室はワンフロアとなっていて1つのフロアに全てが揃ってます。
f:id:makoto1002:20181225074506j:image

こちらはドライバー室です。

大型トラックの運転手さんなどは静かな部屋でゆっくり休めます。
f:id:makoto1002:20181225074414j:image

こちらは雑魚寝スペースです。

毛布の貸し出しもあり靴を脱いでリラックスできます。
f:id:makoto1002:20181225074518j:image

そしてこちらがリクライニングシートです。

特急列車のような席が並びます。

船内には売店もあり軽食も購入できます。

ここまでは全て乗船代に料金が込まれて居るのでどこでも好きなように使えます。

そして南海フェリーにはグリーン席、つまり一等席もありこちらは別料金が必要です。

f:id:makoto1002:20181225074959j:image

こちらがグリーン券です。

船内に入って売店で購入することが出来ます。

通常期500円、多客時は1000円の追加料金です。
f:id:makoto1002:20181225074954j:image

船内先頭にグリーン室はあります。

グリーン券を持ってないと立ち入ることはできません。
f:id:makoto1002:20181225075004j:image

こちらがグリーン室です。

JR西日本の681系、683系つまり特急しらさぎ、サンダーバード、能登かがり火等の特急にそっくりな座席です。
f:id:makoto1002:20181225075011j:image

リクライニングもかなり倒れます。

またレッグレストも設置されていて快適です!
f:id:makoto1002:20181225075017j:image

テーブルはインアーム式のテーブルが備わります。コンセントはありません。

今回グリーン席を使用しているのは私1人だけでした笑

多客時などは混み合うのでここも需要あるのでしょうが通常期はあまりグリーン席を使うメリットは無さそうでした笑

f:id:makoto1002:20181225075420j:image

長いようであっという間に徳島港に到着です。
f:id:makoto1002:20181225075412j:image

徳島港から徳島駅までは少し距離がありバスで移動します。バスも船が到着する時間に合わせてきてくれました。

路線バスは現金のみしか使えないのでご注意を。四国ではICOCA、Suica等のicカードはJR等の公共交通機関ではほとんど使えないと思ってくれていいと思います。icカードが使えるのは快速マリンライナーが走る駅ぐらいですからね。

基本的に現金
f:id:makoto1002:20181225075403j:image

徳島駅に到着です。

立派な駅舎です。

今回は南海フェリーを紹介しました。

大阪徳島の移動なら高速バスを使うのが一般的ですが電車+フェリーも面白いですし、なんせお得な 徳島好きっぷ を使用すれば本当に安く移動できるのでお勧めです!!

最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!

12000系 サザンプレミアム 乗車記

f:id:makoto1002:20181216060411j:image

皆さんこんにちは!!

今回は南海電鉄の特急サザンを紹介します。

南海電鉄は南海本線と南海高野線と主に2つに分かれ南海本線は難波から和歌山方面、高野線は高野山方面に向かいます。

特急サザンは南海本線の列車で難波から和歌山まで特急として運転されます。

列車は8両編成で1.2.3.4号車は指定席、5.6.7.8号車は自由席です。

指定席に乗る際は乗車券以外に指定席料金が必要となります。 

指定席料金は一律どこから乗っても大人510円です。自由席は乗車券のみで乗れますがなんせ4両と短い編成なので混み合います。長時間乗る場合は指定席に乗ることをお勧めします!

難波から和歌山まで1時間ほど掛かりますし510円は安いですよね!

ちなみに難波から泉佐野までは有名なラピートも走ってますよ!

サザンの指定席車両には2種類あります。

今回は12000系と呼ばれる最新車両です。

4両編成が2編成作られています。

f:id:makoto1002:20181216061040j:image

そしてこちらが旧型の10000系です。

新型と旧型では想像以上に差があります。

南海電鉄のサイトでどちらが運用に入るか確認できるので新型なら課金してみる!ってのもアリですね!私は出来れば新型に乗れるように予定を調整したりします!!

それでは新型を紹介します!

f:id:makoto1002:20181216061220j:image

南海難波駅は広大です。

日本で2番目の私鉄の駅の大きさを誇ります。ちなみに1番目は阪急梅田駅です。

1から9番線までありいつでも電車の往来が激しいです。サザンは5番線から出発することが多いですね!ちなみにラピートは9号車です。

f:id:makoto1002:20181216061434j:image

1号車と4号車には洗面台があります。

JR東日本のようなデザインでシンプルに直感的に扱うことができいいですね!
f:id:makoto1002:20181216061440j:image

お手洗いも1号車にあります。

男性用、女性用、多機能トイレと揃ってます。

1号車にしかないのは少し残念な点ですね。

4号車には多目的室があります。これはいいですねー!
f:id:makoto1002:20181216061428j:image

プラズマクラスターも装備されています。

12000系といえばプラズマクラスターが装備されているということで話題になりましたね!
f:id:makoto1002:20181216061424j:image

荷物を置いておくスペースもあります。

和歌山方面に海水浴に行く方も利用することが多くこれは便利ですね!

f:id:makoto1002:20181216061945j:image

客室を眺めます。

明るくていいですね!!
f:id:makoto1002:20181216061937j:image

車椅子対応席はかなりのスペースが取られています。
f:id:makoto1002:20181216062003j:image

こちらが座席です。JRの普通席よりも豪華に見えます。
f:id:makoto1002:20181216061954j:image

リクライニングもそこそこ倒れ快適ですよ!
f:id:makoto1002:20181216061941j:image

肘おきも設置されていて邪魔なら上に跳ね上げさせることも出来ます!!

f:id:makoto1002:20181216062306j:image

前後の間隔もかなり広くていいですね!
f:id:makoto1002:20181216062231j:image

テーブルは背面テーブルが備わってます。

車内の案内図も示されていて良いですね!

サービスコーナーには自動販売機もあります!
f:id:makoto1002:20181216062301j:image

展開させました。

かなり大きくてパソコン等も余裕で置くことが出来ます!!
f:id:makoto1002:20181216062239j:image

座席にはフックも付いています。
f:id:makoto1002:20181216062256j:image

またフットレストも設置されています。

跳ね上げ式ですが無いよりは良いですね!f:id:makoto1002:20181216062236j:image

また1番のポイントはコンセントですね!

旧型の方にはコンセントはありません。

こちらは各席に設置されているので素晴らしいです!!

たった500円の追加でここまでの快適さを取り入れることが出来るので良いですよ!!

座席指定列車が増えてきている昨今、各私鉄でどんどんと導入して欲しいですね!!

ぜひ機会があれば乗ってみて下さい!!

最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!

 

8000系 京阪ライナーどうなの?

f:id:makoto1002:20181213214436j:image

皆さんこんにちは!!

関東では通勤時間のライナー列車は定着しており最近は関西でも各社ライナーや座席指定列車を走らせており定着しています。

関西5大私鉄の京阪電車も通勤時間帯にライナー列車を走らせています。

京阪電車は大阪のオフィス街 淀屋橋を始発として京橋、枚方市経由で京都出町柳まで行く路線です。おけいはんといったイメージキャラクターの女性もいたりで全国的に見てもかなり有名な私鉄だと思います。

鉄道好きお笑い芸人の中川家の礼二さんもよく京阪電車の話をテレビなどでしていますよね笑

京阪電車は支線も含めると割と多くの路線がありますがメイン輸送としては京阪間の移動ですね。大阪京都間にはJR西日本の新快速、JR東海の新幹線、阪急電車、京阪電車とそれぞれライバルが多くて各社苦労していると思います。

京阪は割と京都でも祇園など町の中心部に行ってくれるので京都観光する際などは便利ですよ!

今回は淀屋橋駅から出町柳駅までライナーに乗車しました。

京都方面に向かうライナーは一日2本あります。平日のみです。

19時3分発と21時50分発です。

今回は21時50分発に乗車です。

f:id:makoto1002:20181213211849j:image

ライナー券はこのような駅窓口で買うかネットでも購入することができます。

京阪プレミアムカークラブと呼ばれるサイトだと座席指定もゆっくりできますしおススメです!登録費は無料、決済はクレジットカードのみです!出町柳までのライナー券は普通車なら380円、グリーン車的なプレミアムカーなら500円です。今回は普通車に乗ります。

京阪ではダブルデッカー車両と呼ばれる2階建て車両が有名ですね!普段の特急なら乗車券のみで乗れますがライナーは全席指定ですので普通車の380円が追加でかかります。

f:id:makoto1002:20181213214515j:image

淀屋橋停車中のライナーです。

赤と黄の車体がかっこいいですね!

座席の転換も自動で行われます。

f:id:makoto1002:20181213214022j:image

専用の乗車位置目標もあります。

f:id:makoto1002:20181213214403j:image

停車駅は特急と同じです。

f:id:makoto1002:20181213214627j:image

ダブルデッカー車両は4号車です。

それでは車内に入ります。

f:id:makoto1002:20181213214730j:image

こちらが客室の2階部分です。

やはり目線が高いので少しいい気分になれます、1階部分も座席は同じです。

車端部にはロングシートもありここも有料です。ご注意ください。

f:id:makoto1002:20181213223631j:image

こちらが座席です。いたってシンプルな転換クロスシートで特に何もいうことはありません。

リクライニング、テーブル、フットレストといった設備も全くありません。

また普通席もプレミアム席もトイレはありません。

普段は乗車券のみで乗れる座席なので文句の付け所もありません。

車内はwi-fiが飛んでいて利用できます!

淀屋橋を出ると北浜、天満橋、京橋と主要駅でお客さんを拾います。乗車率は座席の片方は埋まっているといった感じです。

満席にはなりません。プレミアムシートは満席でした。

ですが乗車率は悪くはないですね!むしろ良いと思います!出町柳まで1時間程の乗車でしたが快適です!ちなみに朝は出町柳から淀屋橋方面にライナーは走ってますがこちらの方が乗車率はいいみたいです!

やっぱり朝はゆっくり座っていきたいですもんね!!

機会があれば是非乗ってみてください!!

最後までご覧下さいましてありがとうございます!!それでは!!!!